土日休みの職場で働く

土日休みの職場

薬剤師アルバイトナビ

入院患者さんをケアする病棟が併設されている病院では、昼夜を問わず医療サービスを提供しなければなりません。
そのため、薬剤師にも夜勤や宿直勤務はありますし、必ず土日のお休みが確保できるわけではありません。
そういった職場では、病院スタッフは勤務シフトをローテーションで組みます。
そのため、ゴールデンウィークやお盆休み、お正月などに連続してお休みを取ることが難しいそうです。
「この日お休みしたいな」と思っても、希望がかなうのは難しいのだとか。

 

また、病院での宿直や土日勤務は、医薬品業務は一人体制の現場が多いそうです。
特に夜間は病院全体のスタッフが減ることも加わり、責任は重大。心身ともに非常にハードな思いをすることになります。

 

土日の勤務や夜間の勤務が難しいなと思う方は、クリニックや薬局、企業で働いたほうが良いかもしれません。
小規模のクリニックや診療所であれば、入院患者さんは19人以下または、全く入院施設のないものがほとんどです。
そのため、基本的に営業時間は決まっていますし、特定の診療項目に特化することができます。
大病院でするようなチーム医療や薬物療法などはできませんが、仕事内容にはあまり差はありません。
またクリニックなどは営業時間が決まっているため、夜勤などはありませんし、病院に比べればお休みを確保しやすい環境が整っています。
調剤薬局であれば、処方箋をベースに決まった仕事を行うため、精神的にも体力的にも「しんどいな」と思うところも少なくてすみます。
企業であれば基本的に土日はお休みです。
お休みや勤務時間などをしっかり決めて、その時間内だけで働きたい。
そんな方には、こういった小規模の病院や、調剤薬局、医薬品企業への就職がおすすめです。

 

しかし、就転職の際、応募先の勤務条件を確認しておくことは重要です。
クリニック等の場合、土日の両日ともにお休みにしていない所はもちろんあります。
また、企業であれば営業職は土日を返上して、営業活動をしなければならなかったり、社会奉仕活動を休みの日にする企業も存在します。
どんな就職活動にも言えることですが、応募先企業が一体どんな形態で仕事をしていて、自分はどのように働くことになるのかをしっかりと確認し、知っておくことが大切です。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ