登録販売者の仕事について

登録販売者の仕事

薬剤師アルバイトナビ

2006年に改正された薬事法で、登録販売者制度というものが登場しました。
この制度の施行により、登録販売者の資格を持っていれば、薬剤師がいないお店でも第二類・第三類の医薬品を販売できるようになりました。
以前は、薬剤師がいなければ薬事法違反になってしまうため、医薬品の取り扱いや販売ができなかったドラッグストアや薬店でも、この法律の改正以降、店舗に登録販売者を雇い、医薬品を販売する店舗が増えています。

 

ドラッグストアや薬店では、薬剤師よりも登録販売資格を持った人材が欲しいというケースが増えてきています。
なぜなら、登録販売者の方が、人件費のコストを下げることができるからです。
そのため、現在では薬剤師の求人よりも、登録販売者の求人のほうが増えてきています。
そのため、薬剤師の求人は減少傾向にあります。
「薬剤師資格または登録販売者資格をお持ちの方」という求人も増えてきており、とても厳しい局面を迎えているのが現状です。

 

医薬品は薬のリスクに応じて、分類がされています。
前述のとおり、第二類・第三類は登録販売者が店舗に居れば販売できるようにはなりましたが、未だ第一類の薬は薬剤師がいなければ販売することができません。
なぜなら、第一類の医薬品は、薬剤師による書面での説明義務があるからです。
しかし、一般医薬品の中にある第一類医薬品の割合は5%程度。
つまり、薬剤師がいなくても、登録販売者がいれば、数多くの医薬品を販売することができます。
この現状から、薬剤師の職域に「登録販売者」が大きく影響しています。

 

ですが、薬剤師にしかできないこともたくさんあります。
セルフメディケーションやOTC医薬品など、多くの人が「自分で自分の健康を守ろう」という意識が強くなる中、薬剤師は薬のプロフェッショナルとしてのニーズが高まっているのです。
特に地方などの人手不足のために医療が疲弊する地域では、多くの方がセルフメディケーションで様々な病気を治療をしようとします。
薬剤師はそういった人たちの相談や、症状にあわせた薬を選ぶことができる、いわば薬の専門家。
そういった地域にとって、薬剤師の存在はとても貴重で重宝されるものです。
薬剤師はただ「薬の販売を可能にするための職種」というだけではなくなってきているのです。

 

登録者販売制度による求人への影響や業界の動向は今後も注目が必要ですが、今現在も豊富な知識と専門性によって仕事の幅が広がり続けているのが薬剤師という職種。
今後も変わり続けていく現状にどうすれば対応できるのか、しっかりと未来を見据えておく必要があります。

 

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ