製薬会社で働く薬剤師さんの仕事

製薬会社で働く薬剤師

製薬会社

専門分野に特化している薬剤師は、医療機関に留まらず、幅広い業種や職種で活躍の場が用意されているともいえます。
医薬品の研究機関で働く薬剤師もいれば、麻薬の取締官、薬事監視員といった社会的役割を果たす任務を持った行政機関で働く薬剤師もいます。
また、化学薬品を取り扱う企業や、化粧品、食品を製造するメーカーなどの企業でも薬剤師は必要とされています。
それ以外にも一見薬剤師の仕事とはかけ離れているように見える分野にまで多様化されている薬剤師の仕事もあります。
新薬開発のための治験コーディネーターは、近年では需要が多く、これらの仕事に対して、自身の経験と知識を活かしたコンサルタントやライターになる薬剤師も存在しているのです。
しかし、一般的に薬剤師の大半は、病院などの医療機関や、調剤薬局、ドラッグストアに就職する傾向が大きく、製薬会社といった企業もその就職先の一つです。

 

では製薬会社で働く薬剤師の仕事はどんなものでしょうか。
大きく分けると、研究職、MR、薬事、DIといった職種区分の選択があります。

 

この中でも研究職については、元々の求人募集数が少なく、博士課程といった最高学位や学術知識を必要とするポジションのた
め、最低でも大学院卒といった学歴がないと難しいといえます。

 

薬事関連業務は、薬の知識だけではなく薬事法、薬剤師法といった法律に関する十分な知識が求められる分野です。
許認可申請書や新薬添付書といった書類の作成は重要な業務ですので、薬事法などを理解していないと簡単には作成できません。
治験業務や行政の対応も役割の一つですので、研究職と同じく高い学歴が必要とされます。

 

製薬企業で働く薬剤師がなる職種で多いのが、MR(Medical Representative)です。
MRとは営業職です。
医薬情報を担当し、医薬品メーカーの営業として医療機関を訪問することが主な仕事になります。
直接医師に掛け合い、自社が開発した薬剤の有効性や薬物動態、副作用などといった医薬品情報を伝え、その薬剤を使ってもらうように売り込む業務になります。

 

MRは特に薬剤師資格を必要としません。
ですが、もちろん薬の専門知識を持っていた方が役に立つといえます。
また、高収入が見込めるの特徴の一つです。
大手の製薬会社では30代前半のMR職で年収600万前後、30代後半で1,000万円以上と、平均的な年収よりかなり高収入が見込める相場となっています。

 

他にも最近では、製薬会社のDI(Drug Information)医薬品情報管理業務業務といった職種があります。
新薬の開発や後発薬品などの情報が日々更新されていく中、医薬品の安全管理は重要な仕事です。
DI とは、このような医薬品に関する緊急安全情報や薬の添付文書が改定されているかどうか、薬事委員会から受けた報告書などを一つ一つ整理する業務です。
医薬品の情報収集、評価、それら全てを管理し、医薬品情報を常に最新の状態にアップデートする事が主な役割となります。
企業の中では、消費者向けに設置したコールセンターで、薬の相談や質問に応対することもあります。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ