病院で働く薬剤師の仕事

病院で働く薬剤師

薬剤師アルバイトナビ

薬剤師の中には、病院に努めているものもいます。
仕事の内容としては、医師の処方箋を元に、患者さんに応じて薬を調剤するだけではなく、患者さんに直接薬の説明を行ったり、飲み方や注意点についてお話をするという大切な仕事もあります。
この他にも、医薬品の管理という大切な仕事があり、例えば品質試験なども重要な仕事の1つです。
また、薬によっては危険な物もありますので、事故防止に勤めたり、院内感染対策などにも従事します。
時には、医師に対して,薬物療法についてのアドバイスをする場合もあります。

 

今までの薬剤師としての仕事は、院内薬局というのが支流でしたが、近年では、医薬分業が進み、臨床で活躍する薬剤師が増えてきています。
その為薬剤師も、ITCやNSTそしてPCTといったような医療チームの中で医薬品のスペシャリストとして活躍をしています。
特に薬物療法の中でも高度な技術力と知識を要する抗がん剤や人工透析用の薬剤の製剤はもちろんの事、経腸栄養の調整なども病院に勤めている薬剤師の重要な仕事の1つになっています。

 

入院施設を抱えている病院に務める薬剤師の場合、当然のことですが夜勤や宿直もあります。
もちろん、緊急時の呼び出しに対しても対応をしなければなりません。
夜勤や宿直を勤める場合、その時間帯は殆どの場合、1人で対応を求められる事が多くなっています。
薬品の管理から供給まで1人でカバーする事になり、責任も重大になり体力的にもとても大変な仕事になります。
大変な仕事にもかかわらず、お給料についてみてみると、他の業種で働いている薬剤師と比べ、病院薬剤師の年収は低めに設定されています。平均すると年収350〜500万円となっているようです。

 

年収面において、マイナスではありますが、病院薬剤師という仕事には臨床で経験出来る上、薬剤師のスペシャリストとして、チーム医療が行えるという事で、薬剤師のキャリアアップにもつながっていきます。
また、医師、看護師や臨床検査技師など医療に関わるスペシャリストたちと働く事もできますし、様々な勉強会に参加できるなど薬剤師としてのスキルアップにつなげていく事が出来ます。
病院薬剤師というのは、勤務形態や収入面においても、あまり優遇はされていないのですが、薬剤師としてのキャリアアップが目指せるという事がありますから、病院薬剤師という仕事は人気を集めています。

 

病院薬剤師としての経験というのは、将来的に製薬会社や研究所、調剤薬局に勤める際にも、非常に優位な経験として認められ歓迎されます。

 

病院薬剤師という職種は非常に人気があり、あまり求人がないと言われてはいますが、実際のところは求人募集はされています。
ですが、このような人気の求人や好条件の求人というのは、インターネットや求人情報誌などにはあまり掲載される事がありません。その為、このように人気の求人や好条件の求人を自分で見つけ出すというのは非常に難しいのです。
ですが、先程も言いましたけど、病院薬剤師としての求人は確実にあります。実は、病院薬剤師のような人気の求人というのは人材紹介会社の非公開求人として出回っているようです。
ですから、病院薬剤師や高待遇での求人を求めるのであれば、転職支援サイトに登録する事で、一般的に出回っていない非公開求人とめぐる会うことが出来ますので、積極的に転職支援サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ