ドラッグストアで働く薬剤師の仕事

チェーン店などのドラッグストアで働く

薬剤師アルバイトナビ

薬剤師の活躍の場というのは様々あります。調剤薬局や病院はもちろんの事、製薬メーカーや研究施設、化粧品や食品メーカーやドラッグストア、厚生労働省に勤めたり、薬剤師の仕事というには、業種も職種も多数あります。
様々な場所で薬剤師の活躍が見られますが、多くの薬剤師が勤めている主な場所というのは、調剤薬局、病院、製薬会社そして、ドラッグストアです。
今までは、病院診察を受けると、院内でお薬をもらう状態でしたが、現在では、医薬分業となり、病院と調剤薬局というのが分業制というのが一般的なっています。
それに加え、最近では、OTC医薬品が地域の医療を一端を担うようになり、その結果、ドラッグストアの役割が重要になってきていまう。
症状に合わせて適切な薬をするのが薬剤師の仕事ですから、ドラッグストアでの薬剤師の存在というのは非常に重要になります。また、適切な薬をすすめる際には、場合によっては、病院での診察に行くように勧めるテクニックが必要になります。

 

ドラッグストアでの薬剤師の仕事というのは、薬を買いに来たお客さんに病状を伺い、さらには服用する方のアレルギーの有無を聞きそれに適した薬を紹介します。さらには、薬の説明や注意点などをわかりやすく話すというのが薬剤師の主な仕事になります。
ドラッグストアの薬剤師の仕事の使命というのは、安全にOTC医薬品を使ってもらうために、医薬品に対しての専門的な知識をもち、薬を買いに来たお客さんに対して、セルフメディケーションへ導くために、コミュニケーションを取る事が大切なのです。

 

そのほかの業務として、医薬品の品質管理があります。
医薬品にも保管期限という物がありますので、品質の管理というのは重要な仕事になります。
さらには、医薬品の陳列という作業がありますが、陳列の方法については法律によって義務付けられていますので、薬剤師が責任をもって仕事をしなければなりません。
この他には、顧客の対応、商品の発注、在庫確認の他に、販促用のツールとして広告制作やポスター制作などドラッグストアを経営していく上で大切な仕事もあります。

 

最近のドラッグストアというのは、お菓子や日用品というのも販売している事もあります。その為、それらの商品についての管理というのも必要になってきます。
また、キャリアアップをして店長や管理薬剤師となった場合、パートやアルバイトの管理業務や売上確認などの経営部分、さらには、お客様からのクレームの対応、そして、各会議への出席というような仕事もあります。

 

ドラッグストアに勤めている薬剤師の平均年収は、500〜700万円と安定して高収入です。薬を通して様々な方とコミュニケーションを取れるのがドラッグストアという職場なのです。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ