クリニックで働く薬剤師さんの仕事

クリニックで働く為には

クリニック

医療法では、患者を収容するための病床数=ベッドの数が20以上ある施設の事を「病院」として定義づけています。
その中で、総合病院として定義されるのは、病床数が100以上ある病院です。
内科、外科、眼科、耳鼻科、産科、小児科などの診療科目があり、その他にも研究室や図書室などの設備が整っているのが総合病院です。クリニックや診療所は病床数が20未満、または病床を持たない(収容するための施設を保持していない)医療機関の事です。

 

では、クリニックで働く薬剤師の仕事は主にどんな事でしょうか。
クリニックで働く薬剤師の仕事も、総合病院で働く薬剤師の業務と主な内容は同じです。
患者の病状に合わせて薬を作る調剤を、医師の処方を基に行います。
また、服薬指導という薬の飲み方や飲んだ後の効き目、注意すべき点などを患者に対して細かく説明する事も重要な役割の一つです。
医薬品の管理や品質の検査、DI業務(ドラッグインフォメーション)、など基本的に総合病院やその他病院に勤務する薬剤師の仕事と差はありません。

 

クリニックでは病床を持たないので、それぞれの診療科目を絞って診察しています。
例えば内科なら内科のクリニック、皮膚科なら皮膚科のクリニックという形で分けられているのが普通です。
ですから、薬剤師にとっても診療科目を特定して、仕事をする事ができると携えられます。
薬剤師の中でも、特定の診療科目が得意であったり、興味を持っているという人にとってはクリニックで働く選択肢は魅力的に映るのではないでしょうか。

 

総合病院や大学病院といった大規模な医療機関は、企業で例えるとしたら大企業です。
その一方、クリニックは中小企業という位置づけになりますが、規模が小さいところだからこそできることもたくさんあります。
地域に密着した柔軟な対応ができたり、かかりつけ医として利用する患者に対しての安心や信頼のより所となれたり、人とのつながりが大きいのはクリニックならではの特長であるともいえます。

 

総合病院や大学病院といった規模の大きい病院では、入院患者用の病棟が設置されている事がほとんどですので、勤務形態は交代制となります。
看護師と同様に薬剤師にも夜勤や宿直といったシフトがあるため、これは避けられません。
しかしクリニックは基本、勤務時間が決まっていますので規則的に働きたい薬剤師にとっては嬉しい点です。

 

家事や子育てと仕事をバランスよくこなしたい、プライベートを充実させたい、と考える人には多くのメリットがあるといえる環境といえるでしょう。
また、年収についても安定しており400万円ほどは見込める相場となっています。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ