調剤薬局、クリニックなどどこで働くか?

自分に合った職場を探す

自分に合った職場を探す

薬剤師が転職をするときには、やはり「今の職場よりも良い条件で働きたい」という動機があるものです。その条件としてあげられることが多いのが、「仕事の内容」「勤務地の場所」「給与」の3つです。もちろんこれらの条件の全てが現在の職場よりもよくなるということであれば、転職としては大成功ということになりますが、自分なりに重視したい条件があるということなら、それを優先して求人探しをするのも手です。ただしその場合、他の条件で妥協しすぎてしまうと、仕事を続けることが困難になってしまうこともありますから、バランス感覚は必要になります。そのあたりは、転職のプロである転職支援サービスのコンサルタントに相談すると、解決されることも多いです。

 

では具体的に、先の3つの条件についてみていきましょう。まず仕事内容です。薬剤師の仕事内容というと、一般的には「調剤や薬の販売」というイメージだと思いますが、同じ調剤でも大病院の薬剤部、クリニックの薬剤部、調剤薬局、大手のドラッグストアと職場が変われば、仕事の進め方にも違いはでてきます。経験をかわれて転職した場合には、管理責任の生じる仕事になることも考えられます。

 

また、薬剤師の仕事としてはMRやDIといったものも人気が高まってきています。MRは製薬会社で自社の薬の営業を行う仕事、DIはコールセンター等で医薬品の情報を顧客に伝えたり、情報管理を行ったりする仕事です。現在の仕事からがらりと仕事内容を変えたいというときには、職場だけでなく、職種を変えてしまうのも手です。具体的にやりたい仕事内容があるなら、それをコンサルタントに伝えておきましょう。未経験採用もあるはずです。

 

次に勤務地の場所です。薬剤師は在宅で仕事を行うことはまずないですから、毎日の通勤は、仕事を意欲的に続けていくうえで重要なファクターになります。子育て中の方などは、通勤にかかる時間をできるだけ短くしたいと考える方が多いですし、電車に乗り込めないようなラッシュにほとほと疲れてしまい、下り方向に通勤する職場や、徒歩や自転車で通勤できる場所に転職したい、という方もいます。逆に多少ラッシュにはなっても、憬れの勤務地で働きたい、という方や、転職を機会に地元に帰ることを検討している、という方もいるでしょう。具体的なエリアの希望がある場合には、そのエリアに強い転職支援サービスを選ぶことも大事です。

 

チェーンのドラッグストアや調剤薬局では、正社員には転勤の可能性があるところもあります。転勤は避けたいということであれば、それも条件にいれておく必要があります。逆に、配偶者に転勤の可能性がある、ということであれば、全国チェーンの職場なら、あわせて転勤できることもあります。また、病院や調剤薬局の開院時間は、フレックス勤務が難しいのが普通ですが、夜遅くまであいているようなドラッグストアなら、ラッシュを避けての通勤が可能な求人もみつかるかもしれません。

 

最後に給与です。給与アップは薬剤師の転職希望条件としては、もっとも多いのではないかと思います。が、先の2つの条件を重視した場合、例えば未経験の職種につくことになったり、ドラッグストアから病院の調剤へ職場が変わったりすれば、給与アップは期待したほど見込めない、ということもありえます。

 

個人で転職活動を行っていると、1番問題になりやすいのがこの給与にまつわる条件です。人員不足な職場は特に、月額で高額を提示してくる傾向がありますが、長期にわたって働き続けることを考えた場合、大事なのは今現在の給与だけではありません。この先キャリアをつんでも給与に伸びがない、賞与がない、という状況であれば、最終的な年収や生涯賃金は予想していたよりもはるかに低くなってしまう可能性もあるのです。

 

その職場での賃金の伸びについては、個人の情報収集の範囲ではわからないことがほとんどです。実際に今働いている方たちのキャリアアップ、昇給状況がどのようになっているのか、ということを知るには、転職支援サービスのコンサルタントに調査を行ってもらうのが最善です。はじめの給与額はそんなに高くなかったとしても、キャリアアップに従って確実に昇給していて、離職率も低いとしたら、給与に満足している人が多い職場だ、ということになります。

 

以上、3つの条件について説明しました。どれを重視するか、というのは難しい問題に感じるかもしれませんが、コンサルタントと話をしていくうちに、解決されることも多いです。より良い転職のために、プロの力を上手に利用してみましょう。

職場別求人情報/薬剤師アルバイトナビ記事一覧

クリニックで働く薬剤師/薬剤師アルバイトナビ

医療法では、患者を収容するための病床数=ベッドの数が20以上ある施設の事を「病院」として定義づけています。その中で、総合病院として定義されるのは、病床数が100以上ある病院です。内科、外科、眼科、耳鼻科、産科、小児科などの診療科目があり、その他にも研究室や図書室などの設備が整っているのが総合病院です...

≫続きを読む

製薬会社で働く薬剤師/薬剤師アルバイトナビ

専門分野に特化している薬剤師は、医療機関に留まらず、幅広い業種や職種で活躍の場が用意されているともいえます。医薬品の研究機関で働く薬剤師もいれば、麻薬の取締官、薬事監視員といった社会的役割を果たす任務を持った行政機関で働く薬剤師もいます。また、化学薬品を取り扱う企業や、化粧品、食品を製造するメーカー...

≫続きを読む

調剤薬局で働く薬剤師/薬剤師アルバイトナビ

薬剤師の勤務先には色々な種類がありますが、その中でもやはり特に勤務先として多いのが調剤薬局になり、全体の50%をしめているといわれています。調剤薬局にて、調剤服薬指導といった業務を受け持っているのです。では調剤薬局と普通の薬局の違いはというと、調剤薬局というのは医師の処方箋に基づいて薬の調剤を行い、...

≫続きを読む

病院で働く薬剤師/薬剤師アルバイトナビ

薬剤師の中には、病院に努めているものもいます。仕事の内容としては、医師の処方箋を元に、患者さんに応じて薬を調剤するだけではなく、患者さんに直接薬の説明を行ったり、飲み方や注意点についてお話をするという大切な仕事もあります。この他にも、医薬品の管理という大切な仕事があり、例えば品質試験なども重要な仕事...

≫続きを読む

ドラッグストアで働く薬剤師/薬剤師アルバイトナビ

薬剤師の活躍の場というのは様々あります。調剤薬局や病院はもちろんの事、製薬メーカーや研究施設、化粧品や食品メーカーやドラッグストア、厚生労働省に勤めたり、薬剤師の仕事というには、業種も職種も多数あります。様々な場所で薬剤師の活躍が見られますが、多くの薬剤師が勤めている主な場所というのは、調剤薬局、病...

≫続きを読む

漢方薬剤師の仕事/薬剤師アルバイトナビ

やりがいがある仕事、そして求人が多い仕事として薬剤師は知られている職業かと思います。その仕事内容としては調剤薬局をはじめとした医療機関等で患者さんにあわせて薬剤の調剤を行ったり、そして使っていきやすい仕様などにする製剤、さらには飲み方や注意事項、安全性などを指導をしていく服薬指導、医薬品の管理、そし...

≫続きを読む

登録販売者の仕事/薬剤師アルバイトナビ

2006年に改正された薬事法で、登録販売者制度というものが登場しました。この制度の施行により、登録販売者の資格を持っていれば、薬剤師がいないお店でも第二類・第三類の医薬品を販売できるようになりました。以前は、薬剤師がいなければ薬事法違反になってしまうため、医薬品の取り扱いや販売ができなかったドラッグ...

≫続きを読む

土日休みの仕事/薬剤師アルバイトナビ

入院患者さんをケアする病棟が併設されている病院では、昼夜を問わず医療サービスを提供しなければなりません。そのため、薬剤師にも夜勤や宿直勤務はありますし、必ず土日のお休みが確保できるわけではありません。そういった職場では、病院スタッフは勤務シフトをローテーションで組みます。そのため、ゴールデンウィーク...

≫続きを読む

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ