薬剤師アルバイトのメリットを紹介

薬剤師のアルバイトのメリットとは?

薬剤師のアルバイトのメリットとは?

薬剤師さんというと、なにかと「お給料が良い」というイメージがあるため、正社員として印象が強いのではないでしょうか?しかし薬剤師の方は実はアルバイトやパート、そして派遣といった形で働く方も少なくないのです。
ここでは、薬剤師の方がアルバイト、そしてパートなどで働いていくことのメリット、デメリットをあわせて紹介をしていきましょう。現在正社員や派遣社員としてすでに薬剤師として働いておられる方、現在妊娠出産、育児のために休暇中の方で、アルバイトやパートとしての働き方に興味をもっておられる方の参考にもなるかもしれません。
パートやアルバイトという形で働くことのメリットを紹介していきますが、まずこれは一般的なメリットであり、絶対的にこの条件が付随してくるということではありません。応募される際には、きちんと確認をしてから応募をお願いします。

 

曜日、時間など自分の希望にあわせて働くことができる

必ずではありませんが、こういった時間、曜日などの希望が通りやすいのが薬剤師のアルバイトになります。
正社員ともなりますと、フルタイムが基本で残業が必要となる可能性もありますが、パートやアルバイトはそういったことが基本ありません。そのため、育児であまり時間がとれない、子供の送り迎えがある、家事、プライベートと両立させていくために短時間だけ勤務したいという方にはアルバイト、パートという形はぴったりだということができます。

 

転勤、異動といったことがない

正社員の場合は、転勤や異動といった話がでてくる可能性があります。しかしアルバイトはその勤務地で雇われていますので異動、転勤などの話がでてくることはありません。
大手ドラッグストアなどの場合は、まれに新しくオープンした店、近隣の店などにヘルプにいくこともあるかもしれませんが、それも継続をした話ではないと言えます。

 

社会保険に加入をすることも可能

一般的に社会保険に加入をするというと、正社員になる必要があると考えられることが多いかと思います。しかし社会保険に加入をするというのは、所定の労働時間や基準をみたすことで加入をすることができるのです。
満たしている場合は加入をする義務があるとも言えます。ただ現在のところ議論も多く、改定もおおいため、安易に判断をすることは難しいと言えます。
そのため厚生省のサイトで確認をする、また勤務先にも確認をするといったことをしていきましょう。

 

高時給が期待できる

一般的なアルバイトの時給が1000円〜程度なのにたいして、薬剤師のアルバイトはかなり時給が高いことはご存知かと思います。
殆どの場合1500円から2000円程度になり、また勤務地や状況によっては3000円、4000円という高時給も期待できるのが薬剤師のパートでありアルバイトになるのです。
アルバイトで時給が高い職業はいくつかありますが、総合的にみると正社員で働いたほうが時給は良くなることがほとんどです。しかし薬剤師はアルバイトの時給が非常にたかいため、正社員で働くよりも時給がよく、効率が良いことがおおい職業、資格とも言えるのです。

 

さまざまな保証が欲しい場合などは別ですが、結婚をしており扶養内で働きたいという場合などは特に、アルバイトやパートといった形で働くことで、短時間で効率的にお金をかせいでいくことができます。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ