薬剤師さんのアルバイトのデメリットを紹介

薬剤師の仕事をアルバイトで働いた場合のデメリット

不安定な雇用形態
福利厚生及び退職金の無対応
簡単な仕事だけしかさせてもらえない

それぞれをこれから1つずつ説明いたします。

 

不安定な雇用形態

この話は当然なのかもしれませんが、パートやアルバイトは、正社員の雇用形態とは違う為、不安定な雇用形態になってしまうのは、仕方ないことなのかもしれません。ずっと長く働くという目的ならば、保障制度がないパートやアルバイトの雇用形態ではなく保障制度のある雇用形態をお勧めします。
また、職歴がパートやアルバイトのみだけという事になりますと、将来的に正社員への道も閉ざされかねない状況になってしまうと思います。例えば、パートやアルバイトの道を選ばれる方が、お子さんを産んだばかりの人や主婦の方などの話ならよいとおもいます。しかし、若いこれから将来ある身の方ならまず計画を立て経験を積んでいく事が重要なことです。何も考えずにパートやアルバイトを簡単に選ばれないようにして頂たいとおもいます。

 

福利厚生及び退職金の無対応

バートやアルバイトは、時給制度になってますのでボーナスもありません。福利厚生及び退職金というものは正社員に対応しているもので、パート・アルバイトは福利厚生及び退職金は無対応になってるのが普通です。

 

簡単な仕事だけしかさせてもらえない

パートやアルバイトの場合は、正社員輔佐するというのが役割なにってますので、当然、正社員の方と同内容の仕事はさせてもらえませんし、簡単でな仕事が多くなってしまいます。
しかし、ドラッグストアや調剤薬局の仕事内容で言いますとほとんど行なってる業務内容が一緒という場合もありますが、責任の重さはやはり違いがあってそこの責任は正社員が任されてることになりますので、正社員の方でないと判断できないような内容の仕事はさせてもらえません。

 

ただし、皆が皆責任ある仕事が好きとは限りません。単純作業や事務的な作業だけしていたいと思う人もいるとおもいます。そういう人は、時間だけ仕事してお金を頂ければよいと考えてるとおもいます。これは、その人の仕事に対しての価値観の違いであってパートやアルバイトが必ずしも悪いということではありません。正社員の仕事の方が責任が重くて大変と考える人もいるかもしれませんし、人によって考え方はいろいろですのでメリット・デメリットもとらえかたは自由だと思います。

トータルで考えた場合、パートやアルバイトでの仕事形態がおすすめな方

 

仕事をしても家事と育児が両立できる人
自分の地域で仕事をしたいと思っている人
仕事をしても扶養控除の範囲内の収入で抑えたい人
過去に経験のあるけど暫らくぶりでの仕事復帰なので、仕事に慣れたら正社員へと考えてる人
自分の自由な時間を有効利用して何かできることがあれば仕事したいという方

 

薬剤師という仕事はパートやアルバイト求人でも時給は業界No1の時給になってます。薬剤師で、パートやアルバイトを選んでる人の理由の1つに同じ女性が多い職場ということで働きやすいということが言えます。その為無理に派遣社員や正社員にならずパートやアルバイトを選んでるということも言えます。正社員と比較すると薬剤師のパートやアルバイトの仕事は、少しずつ減ってますが、時給は変わらず3,000円超えと言う高い時給の求人を沢山見かけます。そこで、薬剤師専門に仕事を紹介してくれる所の転職エージェントで相談にのってもらうと良いとおもいます。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ