調剤薬局と製薬会社では必要なスキルが違う?

調剤薬局と製薬会社では活かせるスキルや仕事に違いがある

「薬剤師資格を活かせる仕事をしたいけれど、近くの調剤薬局で働くか、大手の製薬会社にトライするか迷っている…
そもそも調剤薬局と製薬会社の仕事ってどう違うの?」
そんな疑問を持つあなたに、調剤薬局と製薬会社の違いを簡単にご説明します。

 

調剤薬局のお仕事

まずは、調剤薬局のお仕事の特徴から。街でよく見かける調剤薬局。病気で薬を処方してもらった経験がある人なら、一度は行ったことがあるのでは?その際に、薬の説明をしてくれた人が、調剤薬局で働く薬剤師です。
調剤薬局の薬剤師の仕事は主に以下の4点。

 

・調剤業務…病院や診療所で発行された処方箋をもとに薬の調剤をします。
・服薬指導…薬の服用の仕方、効能、副作用、保管方法などを患者様に説明します。
・薬歴管理…患者様の薬の服用歴、副作用の有無などの薬歴を作成・管理します。
・在庫管理…備蓄用の薬の仕入、棚卸、期限切れ分の廃棄など、薬の在庫を管理します。

 

このように調剤薬局の仕事の特徴は、一般的な接客・販売業務と専門的な薬剤師業務を兼ねそなえた点です。そのため、医薬品に関する専門的な知識の他、患者様と直に接する仕事である分、コミュニケーション能力、さらに、文書管理能力やパソコンスキルが必要となります。

製薬会社のお仕事

次に、製薬会社のお仕事の特徴についてご説明します。その名の通り、医薬品の製造を行う製薬会社。製薬には莫大な研究開発費用がかかるため、規模の大きい会社が多く、社内分業化が進んでいるのが特徴です。
以下、各部門に分けて、その仕事内容と求められるスキルをご説明します。

 

・開発部門…新薬などの研究、開発を行う部門です。必然的に化学、薬理学の専門知識が必要となります。
・治験・臨床検査部門…開発された新薬が安全なものかを検査する部門です。病院との連携や患者様の協力が必要となるため、コミュニケーション能力が求められます。
・製造部門…薬の製造を担う部門です。製造ラインのコントロールをするため、生産管理能力や化学工業に関する知識が必要となります。・営業部門(MR)…自社の薬を病院などに紹介してまわり、販売する部門です。売上にコミットする力、営業力、コミュニケーション能力の他、日々変化する医薬品の情報管理能力が問われる仕事です。

 

このように、分業が進んだ製薬会社の仕事は、部門に応じて仕事内容・求められるスキルに違いがあります。

 

調剤薬局と製薬会社の違い

調剤薬局と製薬会社。同じ薬剤師の仕事でも、その内容には違いがあります。これからどんな仕事をしていきたいか、どんなスキルを磨いていきたいか、どんな風に役に立っていきたいか、自分の得意な分野は何かなど、自分のことを見極めながら、最適な仕事を見つけてください。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ