薬剤師正社員

薬剤師正社員で働く

薬剤師正社員で働く

薬剤師の資格を持っている場合、選択肢は様々なものがありますが、やはりドラッグストア、そして薬局などで働くケースが多いのではないでしょうか。
薬局やドラッグストアでの薬剤師不足は非常に深刻なため、現在でもまだまだ正社員の募集も非常に多い状態になっております。そのため、正社員をのぞめば、すぐにでも正社員になれるのが現状と言えるでしょう。

 

最近の不況が続く中、正社員として働くことができる、求人が非常に多い薬剤師というのは、非常に魅力的な職業であり、資格ということができるでしょう。ただ一方で、転職を多くする職業でもあるということもできます。

 

ただ、薬剤師として働く上で、アルバイトのほうが時給としては良いことがある、という意見もあります。
そういったケースも確かにありますが、時給という観点だけではなく、正社員として薬剤師で働くことのメリットを考えていきましょう。

 

・安定した雇用がのぞめる
・社会保険、育休などの福利厚生が充実している
・研修制度などの教育システムが充実している
・賞与
・退職金
・実力によっては昇給、そして昇格も期待できる
・やりがいのある仕事ができる
・転職の際に有利
こういった事柄を上げていくことができます。

 

では、続いては上記のメリットの詳細を説明していきましょう。

 

・安定した雇用がのぞめる
正社員というのは働く上で非常に安定した働き方と言えます。そのため、不況のいま正社員としての働き口を探す人が増えているといえるでしょう。
簡単にクビにはできない立場、それが正社員であり、安定した雇用に成るといえるのです。

 

・充実した福利厚生
社会保険、育休、産休といった福利厚生が充実しているのが正社員として働く上での魅力となります。もちろん、企業によってはかわってきますので、絶対に充実しているということではありません。
ただ、女性は妊娠出産というのは、人生で関わり深いことですので、こういったシステムが充実をしているというのは働く上でのメリットと言えるかと思います。

 

・研修制度などの教育システムの充実
研修制度などがしっかりとしていることで、序盤に慌てたりすることなく働けますし、また働き始めてからも様々なスキルアップをの機会を設けてくれたりします。
会社が与えてくれるチャンスをいかして、どんどんスキルアップが可能となります。

 

・賞与
アルバイト、パートにはないものの一つとして、賞与をあげることができます。賞与の回数や額などは企業によって変わってきますが、その額は月収に相当する、もしくはそれ以上であることがほとんどになります。
薬剤師の月収はかなり高めに設定されていることも多いことから、その一ヶ月分、二ヶ月分の賞与が与えられるということは、年収に大きなプラスがつくといえるのです。

 

・退職金
退職金もまた、賞与同様にアルバイトやパートという働き方では得ることができないものです。
ある程度の勤務年数が必要になりますし、企業によってはさほど出ない場合もあります。
しかしこの不景気の中、退職金が多少なりともでるということは人生設計において大きなアドバンテージになると言えるのではないでしょうか。

 

・昇給、昇進の可能性
実力によっては、昇給、昇進を期待することができます。最初は一般的な社員であっても、実力によっては昇進をしていくことが可能になるのです。
その結果役職などについたりもしますし、そうなるとさらなる昇給へとつながっていきます。

 

・やりがいのある仕事
パートやアルバイトに任せる仕事は、いわゆるオペレーション業務などになりますが、正社員の場合はもっと責任のある仕事をまかされることになります。
クリエイティブな業務を期待され、任されますので、責任も発生しますがやりがいもあるといえるでしょう。

 

・転職の際に有利
薬剤師がいくら引く手あまたな職種であると言えども、やはりアルバイトとして働いてきたのと、正社員として働いてきたのでは転職のしやすさに違いがでてくると言えます。
薬剤師の場合は、転職をしやすいとは言えますが、やはりより良い仕事、自分にとって条件を満たした仕事をしていく上でも、正社員で働いてきたという経歴があったほうが有利なのです。

 

最終的にもっとよい職場で働きたいと思っている場合などは特に、正社員として働くことをおすすめしておきたいです。

おすすめ薬剤師アルバイトサイト

エムスリーキャリア


薬剤師アルバイトナビ


リクナビ薬剤師


薬剤師アルバイトナビ


薬剤師ではたらこ


薬剤師アルバイトナビ